Top > 猫の病気と世話

猫の病気と世話

猫の病気は、各部位にそれぞれの病状があります。紹介できなかった部位でもたくさんの病気があります。年齢を重ねるごとに、病気の種類も変わります。
飼い主は、知らなかったと後悔しない為に、どんな病気がどんな症状で現れるのかを勉強しておく必要があります。
猫が病気でなくても、子猫のうちからかかりつけの病院を決めておき、病院の雰囲気や医師に猫が慣れるようにしておくことも大切です。
警戒心の強い猫は、病気になると環境の変化に敏感に反応して、慣れない病院での治療を嫌がります。早急な治療が必要な場合は、それだけで命を落としかねません。早いうちに病院に慣れておくことで、的確な治療を受けることが出来るのです。
猫の病気も医療現場の進歩や、良質なキャットフードのおかげで改善されてきています。寿命も延びて、老猫の世話をする事が多くなりました。子猫同様、老猫も体力がなく抵抗力も低いので、世話には十分な配慮が必要です。
食事も、内臓機能の低下にあわせて、消化の良いものを用意するなど工夫します。病気にかかってしまった猫の世話をするのに必要なことは、面倒くさがらずに可愛がって対応しましょう。
室内の温度管理や、寝床の環境整備に加え、投薬や給餌など初めのうちは戸惑うこともありますが、動物病院でその方法を学び最後まで世話をする事がとても大切です。

 

 マネックスでFX  防犯グッズいろいろ  防犯グッズについて  防犯システム  
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
猫の病気と世話(2009年5月23日)
猫の病気(皮膚)(2009年5月23日)
猫の病気(皮膚)(2009年5月23日)
猫の病気(脳・神経・心臓)(2009年5月23日)
猫の病気(生殖器・泌尿器)(2009年5月23日)