Top > 猫の病気(生殖器・泌尿器)

猫の病気(生殖器・泌尿器)

猫の生殖器が病気になっても、外見からでは気が付かないことが多いです。乳がんや乳腺炎、膣の腫瘍など見た目には、わかり難い症状は触診をしてシコリなどできていないか、日頃からチェックする必要があります。
オス猫の生殖器は、あまり病気になりません。しかし、子供を産み育てることの出来るメス猫の生殖器は複雑で、病気の種類も人間並みです。子宮がんや乳腺炎、乳がんさらに膣の腫瘍や子宮内膜症などがあります。
猫の不妊手術は、生殖器の病気予防に効果的です。不妊手術を行った猫は、していない猫より生殖器の癌になり難いという報告があります。但し、手術を行えば100%ならないと言うわけではありませんので、毎日の触診健康チェックは必要です。
猫の泌尿器の病気は、結石が原因で起こる下部尿路症候群、腎臓の機能が低下して起こる腎不全や尿毒症や腎炎など一度かかってしまうと、完治することは無い重篤な病気ばかりです。
5~6歳頃を過ぎた猫は、泌尿器の病気になりやすい傾向にあります。腎臓機能が低下する為ですが、腎臓が一度弱ってしまうと元にはもどりません。猫の死因で最も多いとされている、慢性腎不全を防ぐためにも、飼い主は食事や飲み水に気をつけて、少しでも腎臓の負担を無くす様に心がけます。

 

 北欧インテリア  ODL Japan  インヴァスト証券  CMS  ガーデニング教室
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
猫の病気と世話(2009年5月23日)
猫の病気(皮膚)(2009年5月23日)
猫の病気(皮膚)(2009年5月23日)
猫の病気(脳・神経・心臓)(2009年5月23日)
猫の病気(生殖器・泌尿器)(2009年5月23日)